右往して左往して

バンブラと音ゲーと一人旅と。

名古屋駅 市バスターミナルを偵察

こんばんは。

 

2日前に言っていた案件、「名駅の新しいバスターミナルを見に行ってみたい」。

早速偵察に行ってきてしまいました。

 

f:id:na29taimas:20170404230740j:plain

 

桜通出口から北へ向かうと、頭上には「市バスターミナル」への案内板が設置されておりました。矢印の方向へずんずんと進みます。

 

誘導の標示は至る所に配置されていたので、迷うことは全くなかったのですが

 

f:id:na29taimas:20170404231117j:plain

 

とにかく乗り場までが遠い。

 

驚きの遠さでしたね…。地図で見ると下のような様子です。

f:id:na29taimas:20170404231141j:plain

 

地図では少しわかりにくいかもしれないんですけど、体感としては、以前の駅前のバス乗り場までの距離と比べて、どっこいどっこい或いはそれ以上といったところです。

 

また、誘導の仕方が悪いんでしょうね。

地図を見ると12番乗り場から順にぐるっと大回りするようにして1番乗り場までが並ぶようにして続いているんですが、1番とか2番の乗り場に行くなら、一回エスカレータで2階に上がって、乗り場のそばのエスカレータを降りてくる方が圧倒的に近道なんですね。

けれども、標示がままなってないものだから、1番乗り場に向かうのにせっせと長い廊下を大回りしている年配の方々が多く散見されました。

 

ただ、誘導役の従業員の方々が10人弱ほど配置されていたのもあって、大きな混乱等は見られなかったように感じます。

 

f:id:na29taimas:20170404231130j:plain

数か所、上の写真のような案内板も(左から観光案内用のタッチパネル、名駅バスターミナル発着の路線図、各路線ごとの乗り場一覧)。

 

f:id:na29taimas:20170404231207j:plain

乗車用扉のすぐ頭上には次発5便までを表示する液晶モニターが、各乗り場に取り付けられていました。とても分かり易い。

 

その他気になったことと言えば、自販機の数でしょうか。

バスの発着場を取り囲む回廊沿いに合計16機の自販機が設置されていました。

 

f:id:na29taimas:20170404231155j:plain

 

 

新しい事柄に不便不都合が付きまとうのは至極当然なので、慣れるまでのひと辛抱でしょうね(´ー`)