右往して左往して

バンブラと音ゲーと一人旅と。

ビジュアルログのお話【Radio Happy編】

こんばんは。

 

昨日は大槻唯ちゃんのお誕生日でした。Happy Birthday(大遅刻)。

唯ちゃんの歌うRadio Happyという曲がシンクロニカには収録されているのですが、この曲のビジュアル(背景画像やノーツエフェクト)について少しお話してみようかなと思います。

 

f:id:na29taimas:20170507225259j:plainf:id:na29taimas:20170507225318j:plain

イントロは、温かみのある暖色背景に縞模様のハートが鼓動する映像から始まります。La La…のコーラスに合わせて(正確にはフリックとスワイプに合わせて)ハートが大きく膨らむのが分かるかな…?左手でホールドを押さえて、右手でムーヴを下ろすところとか少しドキドキする。

f:id:na29taimas:20170507230553j:plainf:id:na29taimas:20170507230614j:plain

Aメロに入ると、サマーでトロピカルな映像に大きく移り変わります。勢いよく水しぶきが上がったり、カラフルなハイビスカスの花が流れたり、イメージは真夏の南国ビーチ!かな?この場面については、デレステのカード[サマータイム☆ハイ 大槻唯](下画像)がモデルになっている、という声を以前ニコニコ動画のコメントで見かけました。

f:id:na29taimas:20170507232117j:plain

[サマータイム☆ハイ 大槻唯]が登場したのが2016年の6月、Radio Happyがシンクロニカに収録されたのが2017年1月なので、ビジュアル制作の際に参考にした可能性は十分にあるんじゃないかなーと思ったりします。水しぶきとかそれっぽいし。

f:id:na29taimas:20170507232635j:plainf:id:na29taimas:20170507232659j:plain

Bメロに入ると、音楽の抑揚に合わせて、また少し穏やかで温かみのある色調に戻ってきます。ここのホールドのエフェクトが特徴的で、何と言い表したらいいのかよく分からない、渦巻く虹色の光が画面を彩ります。

f:id:na29taimas:20170507233708j:plainf:id:na29taimas:20170507233724j:plainf:id:na29taimas:20170507233928j:plainf:id:na29taimas:20170507233957j:plain

そして、一番の見どころのサビ!譜面動画なんかで見るとよく分かるのですが、ここの背景は有り得ないくらいぐりぐり動いてます。ポップでパッションなビジュアルが、「大槻唯」らしさを十二分に表現していて、見ているだけで幸せな気持ちになれます。ちなみに、スティック型の飴は唯ちゃんの好物ですね。

f:id:na29taimas:20170507235012j:plainf:id:na29taimas:20170507235220j:plain

サビのビジュアルは初期カードのイメージがかなり近いんじゃないかな?と思います。また、右上の画像は大槻唯のサイン画像なのですが、ビジュアルログをよく見ると、ノーツエフェクトとして彼女のサインを模したような手描きの顔と飴の絵が使われていることが分かります。この辺は芸コマな感じでとても好きです。

f:id:na29taimas:20170507235758j:plainf:id:na29taimas:20170508000007j:plain

アウトロは、ムーヴの光のラインが印象的です。ぐりぐり動かすとヘンテコなビジュアルログが取れるやつですね。実はこのシーンは光のエフェクトに限らず、星型スタンプや手描きサインのエフェクトが賑やかに登場するシーンなのですが、どうしてもログに出てこないので、これは仕様なのか単純に私の運が悪いだけなのかよく分かりません。

f:id:na29taimas:20170508001101j:plainf:id:na29taimas:20170507235816j:plain

そして、La La...のコーラスで再びイントロ同様のハートの映像に戻り、最後は「Hi!!」の掛け声合わせのスワイプで画面が切り替わり、南国ビーチの背景で終わります。Aメロの映像に比べると下の方が黄緑色に染まっているのが特徴的ですね。

 

いかがでしょうか。こう、ビジュアルログをじっくり振り返る記事ってあんまり需要があるのかよく分かりませんが…、保存した画像をそのままフォルダに放り込んでおくのではなくて、今一度順番に並べて眺めてみることで、その良さを実感したり、新たな発見をしたりすることができるんじゃないかと思います。

 

私自身も新たな発見に繋げたいので、今後も何か機会があればこういう記事を書いてみたいと思います。Radio Happyのビジュアルについては、是非動画でも鑑賞してみてね。きっとプレイ中には気付かなかった部分も見えてくると思うので…!